コインランドリーを開業させる際に確認すべきこと

subpage-img

近年、空いたスペースにコインランドリーを開業させるケースが増えています。これだけ洗濯機や乾燥機が普及しながらも、日本の天候は湿気が多く、雨が続けば外に干せなくなり、生乾きを嫌い、ちゃんとしたところで洗濯を行い、乾かそうとします。

こうしたことからもコインランドリーを開業させることは理にかなっており、今後もその傾向は留まることを知れません。一方で、コインランドリーを開業させるにあたっては確認しなければならないこともあります。

コインランドリーの開業に関するマニアックな情報をお届けします。

まずは需要です。

Yahoo!ニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

一人暮らしの世帯の中には洗濯機を購入しない世帯があり、深夜などに洗濯物を持ち込み、洗濯をしている間にマンガを読むようなケースが存在します。

大学や工場などが近くにあれば、その需要は確実にあり、コインランドリーを開業させても利用する人は確実に現れます。

また、海沿いの地域も天候が変化しやすく、外に洗濯物が干せないということがあるため、積極的に利用する人がいるのも現実です。


また、出店したいエリアに別の人がコインランドリーを開業しているような場合には注意が必要です。こうしたところを利用する人は限られるため、同じようなお店が増えたから需要がそれだけ増えるということは考えにくいと言えます。



むしろ、空白地を積極的に狙っていくことで新たな需要を掘り起こすことになり、今まで利用してこなかった人に利用してもらうような状況を作り出すことが可能です。

まずは念入りな調査が必要です。

top