コインランドリーの開業をしよう

subpage-img

コインランドリーを開業する際は、営業施設を衛生的に保つために衛生管理責任者を定める必要があります。
開業時に管理会社から衛生上で必要な措置項目が記されたシートを渡されるので、各項目に沿って毎日チェックする義務があります。
具体的に、機器の清掃や機器が正常に動作するかの点検、店内の基本的な清掃から照明や換気の点検、排水や利用客に安全かつ清潔に利用してもらうための指導を促す措置が必要になります。

コインランドリーの開業の情報が必要な方必見です。

店内がクリーンなコインランドリーは喜ばれます。
開業に必要な資金は、メインに導入する洗濯機の値段や台数で資金の振り幅が大きく左右されます。

オプションで洗濯洗剤や柔軟剤を店内で販売する場合もあるので、設置環境によって異なる他に、最初に開業する際に支払う内装工事や給排水工事の施工代、店舗賃貸の権利金や家賃も含むので、コインランドリーの店舗規模によって総額に大幅な差が出ます。



また、コインランドリーはコンビニや飲食店などと違い、競合店のようなライバルが無いので、開業後は立地条件が良好だと安定した一定の収入を見込めます。



コインランドリーは、経営者が常に店内で店番をする類の施設では無いので、衛生管理に限らず頻繁に念入りなチェックが必要です。特に現金管理のセキュリティや防犯カメラの設置は欠かせません。

最近の新しい施設では、利用客に幅広い利用決済を可能にするため、コインを入れる他にプリペイド系の支払いで利用を可能にする店舗もあります。

top